ゆうリワークセンター 先輩インタビュー

スタッフにインタビューしてみました

ゆうリワークセンターで活躍するスタッフのインタビューを通して仕事のやりがいや楽しさ、魅力をご紹介します。

  • 天笠さん(2020年 入社)
  • 心理士 野口さん(2021年 入社)
  • 精神保健福祉士 秋吉さん(2018年 入社)
  • 心理士 西井さん(2019年 入社)
  • 天笠さんのインタビュー

    リワークデイケアの仕事内容などを伺いました

    Q.どんなお仕事をしていますか?

    復職や転職を目指されている方たちの後押し、サポートをさせていただいているのですが、その中でもキャリア担当をしています。

    転職される方の適職や強みの再確認や、キャリア経験の棚卸、更に応募書類の書き方や添削など、ハローワークの相談院というほど専門的ではないかもしれませんが、そういったご相談も受けています。

    また、再発防止の為にどういう気持ちで臨んだりすればいいのか、のアドバイスなど、看護師さんや心理士さんとは別の角度から、利用者さんの支援を行っています。

    Q.どんな職場ですか?

    チームプレーがとても上手にできている職場だと思います。
    看護師、心理士、キャリア それぞれの得意分野を活かしつつ、補いつつ、業務に取り組んでいますし、同時にリワークセンターではチームプレーがとても大事な職場であると感じます。

    Q.何か心掛けていることはありますか?

    利用者さんにとってゆうリワークセンターが安心できる居場所になってほしいと思っています。
    利用者さんは様々な状況の中でご来院されます。

    その時に「行きたいな」「来てよかったな」と思える場所にしていけるよう、自分自身で考えたり。
    もちろんスタッフ間ともアイディアを出し合ったりしています。

    Q.どのような方がこのお仕事に向いていますか?

    ゆうリワークセンターの特徴であり良さは、利用者さんの「自主性を引き出す」ところではないかと思っています。

    「利用者さんの自主性を引き出すためにどんな援助ができるか」を考えられる人がこの仕事に向いているかと思います。

    経験や知識の引き出しをたくさん持っているというのも大切ですが、職員同士で相談をしてアイディアを出し合っていく仕事ですので、物事を柔軟に捉えて臨機応変に対応できる方が活躍できると思います。

    Q.これから一緒にリワークセンターで働こうと思っている皆さんに一言

    初めて利用される患者さんは表情は暗く固い、相手の目を見て話せない、などの状態の方も少なくありません。
    ですが、リワークセンターに通うたびに、表情がどんどん柔らかくなり、笑顔をみせてくれるようになるなど、表情や行動の改善回復が目に見えてわかるようになります。
    それがこの仕事を本当にやっていて良かったと思う瞬間です。

    やってよかったと思う事が多い仕事だと思いますので是非挑戦してみてください!

    野口さんのインタビュー

    リワークデイケアの仕事内容などを伺いました

    Q.どんなお仕事をしていますか?

    主にデイケア利用者対応と講座(の講師)をするというのがメインの仕事になっています。

    ▽デイケア利用者の対応とは・・・
    毎日利用者さんと個別の時間を設け、利用者さんがどう過ごしているか、困りごとや心の変化は何かあったか、など
    ゆっくりお話をして、共に改善プランを考えるというものです。

    また、この話しあいなどから評価表というものを作成する仕事もあります。
    数ヶ月施設を利用している方が何ができるようになったとか、仕事に向けてどのくらい向き合えるようになってきたか、など
    紙として評価をする。文章として「今このくらいできるようになった」ということを面談という形で、利用者さんにお伝えするというのをやっております。

    ▽講座について
    一般の心理学から、ソーシャルスキルトレーニング(SST)や 認知行動療法(CBT)というものを担当しています。
    1時間半くらい話せる内容を作成しています。利用者さんの反応を見ながらブラッシュアップを心がけています。

    メインはこの2つとなり、あとは掃除や入力作業なども適宜行っています(笑)

    Q.どんな職場ですか?

    第一印象はすごくアットホーム だなと思いました。
    デイケアのみで言えばスタッフの人数が少ない分、日々連携がとりやすく、困った事だったり、どうすればいいのだろう?と思う事なども、密に話せて相談もしやすい環境です。

    自分のペースで働きやすい職場だなとも思います。

    ピックアップした利用者さんについてスタッフ全員で改善案などを出し合うというケース会議というのも行います。
    このような会議がある事で、スタッフ全員でその利用者さんに対応することができます。

    ※現在はスタッフ間で情報共有や相談がしっかりできているので、ケース会議を行わなくても改善ができる状況です。

    Q.何か心掛けていることはありますか?

    話しやすい環境作りが大切だなと思っています。
    例えば、利用者さんにとって話しにくい事とかを、この人だったら相談できるとか思ってもらえるように傾聴したり寄り添えるよう心がけています。

    講座作りおいては、毎回テーマを変えて作っていますが、書籍などから伝えやすい表現をさがすこともあります。
    また講座内で行うワークなどでも、利用者さんに興味を持ってもらえるものは何か、話を聞いてもらいやすくなる導入は何かあるのか、などを考えています。
    他にもメインテーマを把握しやすくなるような雑学たトピックスを考えたり…
    利用者さんがより楽しくリワークセンターの時間を過ごせてもらえる事を日々考えています。

    Q.どのような方がこのお仕事に向いていますか?

    一つは講座があるので、人の中で話す事が苦ではない方、というのはポイントかもしれません。
    他には、患者さんの変化に気付けて臨機応変に対応できるタイプの方、目が行き届く、気配りができる方は活躍できると思います。
    またスタッフ間で密に情報共有を行いますので、コミュニケーション能力は大切だと感じます。

    Q.これから一緒にリワークセンターで働こうと思っている皆さんに一言

    アットホームで働きやすい環境です。
    スタッフ間での情報共有がしっかりとれるので不安なく働けますし、残業時間が少ないというのもポイントです。
    駅からも近いし、通いやすいというのも良いですね。ストレスなく働けています。

    私は仕事を家に持ち帰りたくないタイプですので、職場から離れたら仕事の事は考えずオンオフが作れるというもの助かります。

    安心して働ける環境ですので、是非一緒にリワークセンターを盛り上げていきましょう。

    精神保健福祉士 秋吉さんのインタビュー

    リワークデイケアの仕事内容などを伺いました

    どんなお仕事をしていますか?

    僕が担当しているのは、主にリワークプログラムです。
    その中でも、お仕事を休職してしまったり、離職してしまったりした方がお仕事に戻る準備の支援を行っています。

    Q.ハローワークみたいなお仕事ですか?

    いえ、あくまで治療の一環なので、メンタル面でのケアが中心になります!

    利用者さんから

    「残業を頼まれて、断ることができず一杯一杯になってしまった」
    「仕事外での付き合いに誘われたけど断りづらかった」等の

    在職中に感じたお悩みを伺うことがあります。

    例えば、このように同じ悩みを持った方達同士が、関わり方を考えたり、励ましあったり…
    といったことができるようなプログラムを組み立てています。

    Q.どんな職場ですか?

    コミュニケーションが多く連携が取れる職場だと思います。

    デイケアを利用される皆さんは、平均すると3か月程度リワークセンターに通われます。
    その中で利用者さん1人ひとりを深く知っていきます。

    その1人ひとりについて、どんなスキルの獲得が必要なのか、どういった自己理解が必要なのかを、スタッフ同士で綿密に相談をし合います。

    ですのでスタッフ全員が「その人のために!」というプラスの感情で仕事ができていますし、
    実際に利用者さんが復職される時は、毎回嬉しい気持ちと寂しい気持ちで一杯になります(笑)

    Q.嬉しかったことはありますか?

    復職された方でも、ゆうメンタルクリニックへの通院は続けているケースも多くあります。
    そういった患者様(元リワークセンターの卒業生)がひょっこり施設に顔を出してくれた時は、本当に嬉しいです!

    このような事があると、自分達が患者様の人生に前向きな影響を与えられたのかなって実感が湧くので、すごくやりがいがありますね!

    Q.これから一緒にリワークセンターで働こうと思っている皆さんに一言

    精神保健福祉士として利用者さん一人ひとりのメンタル面を考えていく事は、
    実際に自分がやりたかったことを、ちゃんと実践できているなぁと感じて、とてもやりがいがあります!

    一緒にリワークセンターを盛り上げていきましょう!

    西井さんのインタビュー

    リワークデイケア心理士・仕事の内容などを伺いました

    Q.どんなお仕事をしていますか?

    先輩インタビュー|デイケア心理士

    リワークデイケアの見学や面談対応、プログラム作成、
    SSTプログラムの実施などを任されています。
    私はオープニングスタッフ でしたので 、
    具体的なプログラムや資料を一から作ることもありました。
    そのような業務の中でも自分の提案が形になりやすい環境だと感じました。
    学びや気づきが多く、新鮮な毎日を送っています。

    Q.どんな職場ですか?

    先輩インタビュー|デイケア心理士

    プログラムの作成についても皆で案を出し合い、より良いものを作れる環境です。
    また一人で抱え込まずに相談をし一丸となって課題を解決していくことが多く、
    「自分の意見を言える・聞いてもらえる」職場だと思います。
    実際に支援プログラム内容を考えていくのですが、僕は「実際に試しながら」学ばせていただきました。
    まずは、自分なりにプログラムを考えてみる。それを実演してみて、先輩職員のアドバイスを聞いたり、
    患者様の反応を見たりして、改善点を洗い出していきました。
    チーム全体で患者様の為にという共通目的に向かい、意見を出し合うので日々とても勉強になります。
     

    Q.何か心掛けていることはありますか?

    利用者さんの中には、初対面の人の中に入って活動することに、強い緊張感を訴える方も少なからずいらっしゃいます。
    私はデイケアを検討されている方の窓口となりますので、
    ご不明点だけでなく、安心してご利用いただけるよう丁寧にわかりやすく説明することを心掛けています。
    また通院される患者様に対しては、日々和やかに過ごせるよう
    『居心地の良い雰囲気』作りにも意識して取り組んでいます。
    例えば、「リワークに参加した」という挑戦そのものに意味がありますので、
    共感的にお話しを聞く中で、踏み出した「小さな一歩」を認識していただけることを心掛けています。
    そうして更なるもう一歩を踏み出す姿を見るのが本当に嬉しいです。
     
     

    Q.どのような方がこのお仕事に向いていますか?

    心理士のスキルだけでなく、その場の雰囲気や環境を含めて全体を見渡せる方が向いていると思います。
    もちろんそのこと(雰囲気や環境)に完成や完璧という言葉はありませんので
    私も学ぶことは多く、日々学習をしていますが…
     
    そういった意味ではいろいろなことに取り組める柔軟性や吸収力を持った方であれば、すぐに活躍できると思います。
     

    Q.これから一緒にリワークセンターで働こうと思っている皆さんに一言

    とても風通しに良い職場だと思います。一緒にリワークセンターを盛り上げていきましょう!
     

    応募フォーム

    必須 希望職種
    必須氏名
    フリガナ
    必須メールアドレス
    必須生年月日
    電話番号
    居住地・最寄り駅
         
    必須自己紹介・職歴・希望勤務院など

    利用規約・個人情報保護に関する事項について同意する