先輩インタビュー|デイケア心理士

西井さんのインタビュー

デイケア心理士・仕事の内容などを伺いました

Q.どんなお仕事をしていますか?

先輩インタビュー|デイケア心理士

デイケアの見学や面談の対応、プログラム作成、
SSTプログラムの実施などを任されています。
私はオープニングスタッフ でしたので 、
具体的なプログラムや資料を一から作ることもありました。
そのような業務の中でも自分の提案が形になりやすい環境だと感じました。
学びや気づきが多く、新鮮な毎日を送っています。

Q.どんな職場ですか?

先輩インタビュー|デイケア心理士

プログラムの作成についても皆で案を出し合い、より良いものを作れる環境です。
また一人で抱え込まずに相談をし一丸となって課題を解決していくことが多く、
「自分の意見を言える・聞いてもらえる」職場だと思います。
実際に支援プログラム内容を考えていくのですが、僕は「実際に試しながら」学ばせていただきました。
まずは、自分なりにプログラムを考えてみる。それを実演してみて、先輩職員のアドバイスを聞いたり、
患者様の反応を見たりして、改善点を洗い出していきました。
チーム全体で患者様の為にという共通目的に向かい、意見を出し合うので日々とても勉強になります。
 

Q.何か心掛けていることはありますか?

利用者さんの中には、初対面の人の中に入って活動することに、強い緊張感を訴える方も少なからずいらっしゃいます。
私はデイケアを検討されている方の窓口となりますので、
ご不明点だけでなく、安心してご利用いただけるよう丁寧にわかりやすく説明することを心掛けています。
また通院される患者様に対しては、日々和やかに過ごせるよう
『居心地の良い雰囲気』作りにも意識して取り組んでいます。
例えば、「リワークに参加した」という挑戦そのものに意味がありますので、
共感的にお話しを聞く中で、踏み出した「小さな一歩」を認識していただけることを心掛けています。
そうして更なるもう一歩を踏み出す姿を見るのが本当に嬉しいです。
 
 

Q.どのような方がこのお仕事に向いていますか?

心理士のスキルだけでなく、その場の雰囲気や環境を含めて全体を見渡せる方が向いていると思います。
もちろんそのこと(雰囲気や環境)に完成や完璧という言葉はありませんので
私も学ぶことは多く、日々学習をしていますが…
 
そういった意味ではいろいろなことに取り組める柔軟性や吸収力を持った方であれば、すぐに活躍できると思います。
 

Q.これから一緒にリワークセンターで働こうと思っている皆さんに一言

とても風通しに良い職場だと思います。一緒にリワークセンターを盛り上げていきましょう!