藤井 公認心理師

心理士になったきっかけはなんですか?

もう少しうまく話を聴くことができれば…

藤井心理士|人間関係や恋愛などについて相談される学生時代、友人などから様々な問題、特に人間関係や恋愛などについて相談されることがよくありました。その際、うまく話を聴けているのかなぁ、役に立てているのかなぁ、など不安に思うことが多くありました。

せっかく自分に相談をしてくれるのであれば、もう少しうまく話を聴くことができればなぁと思っていました。そのためにはどうしたらいいかを考えた時に、心理学を学び、カウンセリングの技術を身に付けようと思ったことがきっかけです。

大学進学時に教育学部の心理専攻に進学。卒業後、大学院でも心理学を学び、当院に入職しました。

仕事の内容

心理職以外の院内運営に関わる業務にも携われます

患者さんのペースに合わせてアプローチする入職したら心理職以外の院内運営に関わる、秘書や会計、問診などの仕事に携わることができます。

当院の仕事内容に加え、メンタルクリニックの1日の流れや診察内の様子、待合での患者さんの様子など学ぶことが多くあります。
特に、秘書業務では医師の診察に同席をし入力業務を行うため、医師がどのようにアセスメントをして、どんなアプローチをするのかを間近で見ることができ、心理職として活かされることが多くあります。

カウンセリングでは、多種多様な職業の方や状況を抱えた方を担当します。
当たり前ですが「人間関係に悩んでいる」といっても患者さんごとに悩みの内容はそれぞれ異なります。
患者さんそれぞれの悩みを丁寧に傾聴しながら、患者さんのペースに合わせて心理士として何ができるかを考え、アプローチしていきます。

私自身新卒で入職したこともあり、心理職以外の経験がないため、心理以外の知識や経験不足のところが多いですが、患者さんやスタッフの皆さんから日々多くのことを学ばせて頂き、人生経験を積ませていただいております。

ゆうメンタルクリニック心理職の良いところ

初診の当日受け入れを積極的に行い、困っている患者様にすぐに寄り添うことができる

つらいとき、すぐに「つらいとき、すぐに」がモットーの院ですので、初診の当日受付も可能で、そこからカウンセリング実施までのスピードが速く、患者さんが困った時にすぐにチカラになれることが本当に良いと思っております。

通常メンタルクリニックの予約はすぐに取れないことが多く、患者さんが困っているその時に相談したい気持ちを反映できないこともあると思います。
当院ではそれが少なく、患者さんが相談したい時にその気持ちに寄り添えることが当院心理職の一番良いところだと思います。

また、患者さんの症状により、医師と情報共有が必要なときには、すぐ医師と協力体制を取ることができ、安心して業務に取り組むことができます。

スタッフの方々も良い人が多く、私自身カウンセリングの空き時間にはスタッフとの些細な会話に癒やされながら業務に取り組んでおり、働きやすいポイントの1つかなと思います。

ゆうメンタルクリニック心理職を希望される方へ

心理士としてカウンセリング経験を豊富に積める

ゆうメンタルクリニックはカウンセリングに力を入れている心療内科で、1日に多くのカウンセリング枠が設けられております。患者さんも多く、年齢層も相談の内容も幅広いので、カウンセリングの経験値を上げるスピードは早いと思います。心理士として、様々なケースの対応をしてみたい方には最適な職場だと思います。

また前述の通り、患者さんがつらい時にすぐに受診できるクリニックですので、困っている内容がホットな状態に関わることができます。最初はうつむき加減であった患者さんがお話をされた後にスッキリしている姿や少しでも前に向いていこうという姿が見られると、「心理士やっていてよかったな」と感じられます。

在籍の心理士の先生方は親身になって下さる先生が多いので、ケースの進め方に困ったときなど、カウンセリングの空き時間を使って他の心理士の先生方に相談することもでき、働く上ではとても心強いです。

たくさんの方のチカラになりたい方、一緒に働いてみませんか?